– 産業廃棄物処理業許可について –
2.産業廃棄物とは?

林 大輔
このページでは、産業廃棄物の定義、種類産業廃棄物処理業の分類について説明しております。
林大輔行政書士事務所にご依頼いただくメリットや報酬はこちらのページをご覧ください。

(1)産業廃棄物とは

廃棄物とは、家庭や事業所など、あらゆる場所から出た不要になった物(ごみ、不要物)のことをいい、一般廃棄物と産業廃棄物に分かれています。
このような廃棄物は、持ち主(排出者)にとって価値のないものであり、持ち主の自主性に任せると適切に処理されない可能性があるため、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」によって処理のためのルールが定められています。

産業廃棄物とは、工業、商業、農業、建設工事などの全ての事業活動(家庭での活動以外)から発生した廃棄物のうち、表1に示す20種類の廃棄物のことをいいます(そして、産業廃棄物に該当しない廃棄物が一般廃棄物として扱われます)。
また、産業廃棄物のうち、表2に示す産業廃棄物を特別管理産業廃棄物といい、特に厳しい管理が必要となります。

廃棄物の種類

注意が必要なのは、事業活動から発生した廃棄物=産業廃棄物ではないということです。事業活動から発生した廃棄物であっても、表1に示す産業廃棄物に該当しないものは一般廃棄物に分類されます。

また、20種類の産業廃棄物のうち、排出する業種が限定されているもの(表1②)は、それ以外の業種から出た場合は産業廃棄物ではなく、一般廃棄物に分類されます。
例えば、紙くずには業種制限があり、建設業(工事から出るものに限ります)や製紙業などから排出された場合のみ、産業廃棄物に分類されます。そのため、オフィスからでる紙くず(不要になった書類など)は一般廃棄物ですが、建設工事からでる紙くず(障子、壁紙など)は産業廃棄物に分類されます。
なお、少しややこしいですが、建設業から出る紙くず全てが産業廃棄物に該当するわけではなく、工事(工作物の新築、改築、除去)によって排出された紙くずのみが産業廃棄物に該当します。つまり、建設業者であっても、事務所で不要になった書類を廃棄する場合は、産業廃棄物には該当せず、一般廃棄物として処理することになります。

産業廃棄物を処理するために必要な許可と一般廃棄物を処理するために必要な許可は異なりますので、産業廃棄物と一般廃棄物の区別については十分に注意する必要があります。

当事務所にお問合せいただきますと、お客様が処理を受託しようとしている廃棄物が産業廃棄物なのか一般廃棄物なのか、産業廃棄物である場合はどの品目に該当するかなどを判断させていただきます。お問合せの段階では一切費用は発生いたしませんので、まずはお気軽にご相談ください。

→産業廃棄物と一般廃棄物の区別についてはこちらのコラムもご覧ください。

(2)産業廃棄物処理業とは

これらの産業廃棄物は、排出した事業者本人が責任を持って処理することが義務付けられていますが、事業者本人による処理ができない場合は、許可を取得した業者(=産業廃棄物処理業者)に処理を委託することができます。
産業廃棄物の処理は以下の3つの行程に分かれており、それぞれの行程について許可を取得した業者に委託する必要があります。

(1)収集運搬(産業廃棄物を収集し、処理施設へと運搬する行程)
(2)中間処理(産業廃棄物を細かく砕いたり、焼却することにより、量を減らしたり、再利用しやすくする行程)
(3)最終処分(産業廃棄物を埋め立てる行程)

また、(1)~(3)のそれぞれについて通常の産業廃棄物を処理するための許可と、特別管理産業廃棄物を処理するための許可は分けられているので、合計で6種類の許可が存在します。

なお、産業廃棄物処理業の許可は、表1に示す産業廃棄物の分類ごとに取得する必要があり、例えば、廃プラスチック類のみの収集運搬業許可を受けている業者が金属くずの収集運搬を行うことはできません。
許可を取得する場合は、どの産業廃棄物を処理する可能性があるのかをしっかり確認しておかなければ、せっかく許可を取ったのにも関わらず産業廃棄物の処理を受託できないという恐れもあります。

業種によって発生する産業廃棄物の種類はある程度決まっていますので(例:建築工事業の場合、「廃プラスチック類」、「紙くず」、「木くず」、「繊維くず」、「金属くず」、「ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず」、「がれき類」が主に発生)、産業廃棄物の処理を受託しようとする業種に合わせた産業廃棄物に対する許可を取得する必要があります。

当事務所にご相談いただきますと、お客様が処理を受託しようとしている業種からどのような品目の産業廃棄物が発生する可能性があるのか(=どの品目の許可を取らなければならないのか)を無料で判定させていただきます。

表1 産業廃棄物の種類(詳細はこちらのコラムもご覧ください)
①排出される業種に限定がないもの

種類 具体例
(1)燃え殻 石炭がら、コークス灰、重油灰、焼却残灰、炉清掃掃出物など
※集じん施設で集められたものは「ばいじん」に分類される。
(2)汚泥 工場排水の処理後に残る泥状の廃棄物や、各種製造業の製造工程で発生する泥状の廃棄物(有機性、無機性の両方を含む)
例)有機性:製紙スラッジ、下水汚泥 など  無機性:浄水場沈でん汚泥、めっき汚泥、建設汚泥 など
(3)廃油 すべての廃油
(4)廃酸 すべての酸性廃液
例)廃硫酸、肺塩酸、炭酸飲料水 など
(5)廃アルカリ すべてのアルカリ性(塩基性)廃液
例)廃ソーダ液、廃灰汁、石炭廃液、写真現像液 など
(6)廃プラスチック類 固形状、液状のすべての廃プラスチック類
例)廃ポリウレタン、廃スチロール、合成ゴムくず、廃タイヤ など
(7)ゴムくず 天然ゴムくず(合成ゴムは含まない)
(8)金属くず すべての金属くず
例)鉄くず、空き缶、箔くず、銅線くず、鉄粉、研磨くず など
(9)ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず ガラス類、コンクリート製品製造時に出るくず、レンガくず、モルタル、スレート、陶磁器くず、廃石膏ボード
(10)鉱さい 金属の精製により発生する高炉、平炉、転炉、電気炉からの残さい
(11)がれき類 工作物(建物やその付属物など)の新築、改築又は除去によって生じたコンクリート破片、アスファルト破片などの廃棄物
(12)ばいじん ばいじん発生施設、集じん施設から発生するばいじん
(13)13号廃棄物 燃え殻、汚泥、廃油等の産業廃棄物を処分するために処理したもの
例)コンクリート固化処理を行った産業廃棄物

②排出される業種が限定されているもの

種類 具体例
(14)紙くず 紙くずのうち、
・建設業(工作物の新築、改築または除去に伴うものに限る)から排出されるもの
・パルプ、紙又は紙加工物の製造業から排出されるもの
・新聞業(新聞巻取紙を使用して印刷発行を行うものに限る)から排出されるもの
・出版業(印刷出版を行うものに限る)排出されるもの
・製本業、印刷物加工業から排出されるもの
・PCB(ポリ塩化ビフェニル)が塗られている、または染み込んでいるもの
(15)木くず 木くずのうち、
・建設業(工作物の新築、改築または除去に伴うものに限る)から排出されるもの
・木材又は木製品製造業(家具の製造業を含む)から排出されるもの
・パルプ製造業及び輸入木材の卸売業から排出されるもの
・物品賃貸業から排出されるもの
・PCBが染み込んだものから排出されるもの
・貨物流通用の木製パレット(パレットへの貨物の積付けにしようした梱包用の木材を含む)
(16)繊維くず 繊維くずのうち、
・建設業(工作物の新築、改築または除去に伴うものに限る)から排出されるもの
・繊維工業(衣服その他の繊維製品製造業を除く)から排出される天然繊維くず
・PCBが染み込んだもの
(17)動植物性残さ 動物または植物に由来する固形状の不要物のうち、
・食品製造業から排出されるもの
・医薬品製造業から排出されるもの
・香料製造業から排出されるもの
(18)動物系固形不要物 と畜場においてとさつし、又は解体した獣畜、食鳥処理場において処理した食鳥に由来する固形状の不要物
(19)動物のふん尿 畜産農業から排出される動物のふん尿
(20)動物の死体 畜産農業から排出される動物の死体

表2 特別管理産業廃棄物の種類

種類 具体例
(1)廃油 燃焼しやすい廃油(揮発油類、灯油類、軽油類)で引火点70℃未満のもの
(2)廃酸 著しい腐食性を有する廃酸(pH2以下のもの)
(3)廃アルカリ 著しい腐食性を有する廃アルカリ(pH12.5以上のもの)
(4)感染性産業廃棄物 医療機関等から排出される感染性病原体を含む、又はそのおそれのある産業廃棄物例)使用済み注射針、血液の付着した産業廃棄物
(5)特定有害産業廃棄物 廃PCB(ポリ塩化ビフェニル)、PCB汚染物、飛散性のある廃石綿等(アスベスト)、基準値以上の重金属等を含む産業廃棄物、基準値以上のダイオキシン類を含む産業廃棄物
(6)廃水銀等 廃水銀及び廃水銀加工物のうち、人の健康又は生活環境に係る被害を生ずるおそれがあるものとして定められたもの

林 大輔
必要書類も多く煩雑な産業廃棄物収集運搬業許可申請は専門の行政書士にお任せください。
林大輔行政書士事務所にご依頼いただくメリットや報酬はこちらのページに記載しております。

当事務所では、以下の方法によるお問合せに対応しております。
お好きな方法で、まずはお気軽にお問合せください。

電話:078-959-0496 / 受付時間:平日9:00-17:00

Skype ID: dhayashi-capls / 受付時間:24時間いつでも

Chatwork ID: daisukeh-gyosei / 受付時間:24時間いつでも

LINE@ ID: @sby1925m / 受付時間:24時間いつでも

下記のオンラインフォームからも、お問い合わせいただけます。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

お問合せ内容・ご相談内容など