– 産業廃棄物処理業許可申請 –
1.許可申請代行業務について

林 大輔
このページでは、産業廃棄物収集運搬業・処理業許可申請について、林大輔行政書士事務所にご依頼いただくメリット業務の流れ報酬について説明しております。

①行政書士に依頼しないデメリット

産業廃棄物収集運搬業許可申請を行政書士に依頼せずに自分で行っていただくことは不可能ではありませんが、行政書士報酬が必要ない分費用を節約できるというメリットもある一方で、多大な時間や労力、手間が必要になるなどの大きなデメリットが存在します。
楽してより早く産業廃棄物収集運搬業を取得し、円滑に事業を運営したいとお考えの事業者様には、産業廃棄物収集運搬業許可申請は行政書士にご依頼されることをお勧めいたします。

産業廃棄物収集運搬業許可申請を行政書士に依頼しないデメリット

②当事務所にご依頼いただくメリット

林 大輔
このようなことでお困りではありませんか?

お客様

産業廃棄物収集運搬業を始めたいけど・・・

  • 申請書類の作り方が複雑すぎてわからない
  • 仕事が忙しくて申請書類を作成、取得する時間がない
  • 申請のために役所に行く時間がとれない
  • どの品目の許可をとればいいのかわからない
  • HP作成は?車両の整備は?信頼できる業者が見つからない
  • 誰に相談すればいいのかわからない


林 大輔
そんなときは、是非当事務所にご相談ください。
産業廃棄物収集運搬業許可申請をご自身で行っていただくことは不可能ではありませんが、当事務所にご依頼いただきますと以下のようなメリットがございます。
まずは、お気軽にお問合せください。

当事務所にご依頼いただく5つのメリット
メリット【1】
面倒な作業はお任せいただき、時間、手間を節約できます。
メリット【2】
正確な知識に基づいて業務を行いますので、後々困ることがありません。
メリット【3】
多様な業種を紹介し、事業運営を総合的にサポートさせていただきます。
メリット【4】
許可取得後のアフターフォローやサポートもさせていただきます。
メリット【5】
いつでもお気軽にお問合せ・ご相談いただけます。

面倒な作業はお任せいただき、時間、手間を節約できます。

産業廃棄物収集運搬業許可申請を行うためには、許可申請書だけでなく、事業計画書をはじめとする添付書類など、多数の書類を作成する必要があります。
これらの書類は、誰もがすぐさま作成できるようなものではなく、初めての場合はまず作り方から調べる必要があります。そのためには法律を読んだり、行政担当者に問い合わせをしたりなど、多くの時間を要します。
特に、産業廃棄物収集運搬業許可申請については、都道府県ごとに書類の作成方法などの違い(ローカルルールと言います。)が多く、複数の都道府県で許可を取る必要がある場合は、それぞれの都道府県のローカルルールを確認しながら進めないといけません。
また、役員の住民票などの公的書類を取得する手間もかかってしまいます。

さらに、何とか自力で書類の作成ができたとしても、ご自分で都道府県・政令市の受付窓口まで申請書類を提出しにいく時間・手間がかかってしまいます。一度で受理されればいいですが、ご自分で書類作成された場合は一回で受理されないことも多く、書類の書き方が間違っていたり、不足している書類がある場合は修正を指示されて何度も窓口まで足を運ばなければならないということもありえます。

しかしながら、当事務所にご依頼いただきますと、必要書類の作成や公的書類の代理取得をお任せいただくことができます。さらに、受付窓口への申請書類の提出も当事務所で代行いたしますので、お客様に窓口まで足を運んでいただく必要はありません。
面倒な作業は全て当事務所にお任せいただいて許可を取得することができますので、大幅に時間や手間を節約し、その分本業にお時間や手間を割いていただくことが可能となります。

正確な知識に基づいて業務を行いますので、後々困ることがありません。

法律を一から勉強したり、行政担当者との打ち合わせを重ねたりして何とかご自身で許可申請を行い、許可を取得できたとしても、正確な知識が無ければあとあと困ってしまうような場合があります。
例えば、産業廃棄物は20種類に分類されており、それぞれの品目について収集運搬の許可を取得する必要があります(一回の申請で複数の品目について許可を取得することは可能です)。
そのため、自分が収集運搬しようとしている産業廃棄物がどの品目に分類されるのかを正確に理解していなかったり、収集運搬を受託しようとしている業種からどの品目の産業廃棄物が排出されるかを知らなかった場合、許可は取得したものの、目的の産業廃棄物の収集運搬ができなかったり、目的の業種から収集運搬を受託できなかった、というような事態が発生するおそれがあります。
もしそのような事態に陥ってしまうと、もう一度手数料を支払って事業範囲を変更するための変更許可申請を行わなければならなくなってしまいます。

当事務所では数ある許認可申請の中でも産業廃棄物収集運搬業許可申請を専門としております。当事務所にご依頼いただきますと、産業廃棄物に関する正確な知識に基づいて業務を行わせていただきますので許可取得後に困るようなことがありません。

多様な業種を紹介し、事業運営を総合的にサポートさせていただきます。

当事務所が有する異業種とのネットワークを活用し、弁護士、税理士、司法書士、社労士などの他士業をはじめ、多様な業種をご紹介させていただくことが可能です。産業廃棄物収集運搬業許可申請だけに留まらず、許可が取得できた後もお客様の事業展開を総合的にサポートさせていただきます。
例えば、運搬車両の整備が必要となった場合は自動車整備業者をご紹介させていただいたり、集客のためにホームページを作成したい場合はホームページ作成業者をご紹介させていただくようなことが可能です。さらに、ご紹介させていただいた業者との打ち合わせに同席させていただき、産業廃棄物に関する法令上、気を付けなければならないことがあれば助言させていただくなど、紹介後も責任を持ってサポートさせていただきます(紹介料、仲介手数料などは一切いただきません)。
行政書士の業務だけに限らず、何かお困りのことがあれば、当事務所にご相談いただければ最適な事業者をご紹介させていただきます。

【紹介可能業種一例】
弁護士、税理士、司法書士、社労士、建設業、自動車整備業、自動車販売業、保険業、IT業、広告業、不動産業、デザイン業 など

許可取得後のアフターフォローやサポートもさせていただきます。

産業廃棄物に関する業界は、行政からの監視が厳しい業界であり、行政指導や許可取り消しなどの行政処分も少なくありません。許可を取り消されるとそれから5年間はもう一度許可を取得しなおすことはできませんので、許可を取り消されるような事態は何としても回避しなければなりません。
また、産業廃棄物の不法投棄や不適切な処理が度々大きなニュースになるなど、社会的な関心も強い業界であると言えます。そのため、産業廃棄物収集運搬業許可を取得すればそれで一安心、というわけではなく、許可取得後もコンプライアンスを遵守した事業運営を行っていくことが重要です。
また、近年ではCSR(企業の社会的責任)の考え方が広まってきていることもあり、信頼できる処理業者に処理を委託することの重要性が認識されてきています。それに伴い、優良な産業廃棄物処理業者を許可更新時に行政が認定する優良事業者認定制度が制定、運用されており、優良事業者に認定されると許可期限が5年から7年に延びたり、排出事業者へのアピールになるなどのメリットがあります。

そこで、当事務所では、顧問契約によるコンサルティング従業員向けの研修によるコンプライアンス遵守のサポートや、優良事業者認定およびそのためのISO14001、エコアクション21の認証のためのサポートなど、許可取得後の事業運営もサポートさせていただきます。

いつでもお気軽にお問合せ・ご相談いただけます。

当事務所では、電話、メールはもちろん、よりお気軽にお問合せ、ご相談いただけるように、Skype、Chatwork、LINEによるお問合せにも対応しております。
業務中だけでなく、業務が完了し許可を取得できた後であっても、わからないこと、相談したいことなどがございましたら、お客様のご都合に合った方法でいつでもお気軽にお問合せ、ご相談いただくことが可能です。
電話、メール、Skype、Chatwork、LINEによるお問合せ、ご相談は許可取得後いつまででも無料で承ります。

Skype ID: dhayashi-capls
Chatwork ID: daisukeh-gyosei
LINE@ ID: @sby1925m


産業廃棄物収集運搬業許可申請は、許可申請を行う上での注意事項が多く、さらに許可取得後にも多くの遵守事項が課せられています。
そのため、産業廃棄物収集運搬業を円滑に取得し、安心して事業運営を行うためには産業廃棄物収集運搬業許可申請や廃棄物処理法に精通した行政書士に依頼することが重要となります。
産業廃棄物収集運搬業許可申請を依頼する行政書士の失敗しない選び方については、以下のページをご覧ください。

行政書士の選び方(産業廃棄物収集運搬業許可)

③業務の流れについて

当事務所に産業廃棄物収集運搬業・処理業許可申請をご依頼いただいた場合の業務の流れは以下のとおりです。
お客様には、面談へのご協力や講習の受講、一部の資料をご提供いただく必要がございますが、それ以外は書類作成・取得、管轄行政庁との協議、申請書類の提出など、当事務所で全面的に業務を進めさせていただきます。

1

お問合せ
まずはお気軽に、電話、メールフォーム、Skype、Chatwork、LINEのうちご都合の良い方法でお問合せください。

2

面談
面談により、許可要件の確認、許可が必要な品目の確認、許可申請についての説明などをさせていただきます。お客様の事業所や、ご指定いただいた場所へのご訪問による対応も可能でございます。
事前にご予約いただければ、業務時間外(平日の夜、土日祝日)であっても面談させていただくことも可能です。

3

お見積りの提示
面談内容を踏まえて、お見積りを提示させていただきます。この時点で提示させていただいたお見積りは、業務内容の変更(許可行政庁の追加、減少など)などを除き、業務途中で変更することはありません。

4

正式受任
提示させていただきましたお見積り内容でご承諾いただけましたら、正式に業務を受任させていただきます。
業務委託契約書や、公的証明書類取得のための委任状にお客様の押印をいただきます。

5

業務実施(書類作成、取得など)
当事務所で必要書類の作成、公的証明書類の取得、管轄行政庁との調整などを行います。一部、お客様ご自身にご用意いただく必要がある書類を除き、必要書類は全て当事務所で作成、取得させていただきます。
お客様には、許可取得のために必要な講習会を受講していただきます(未受講の場合)。

6

押印、提出
完成した申請書類にお客様の押印をいただき、当事務所が管轄の行政庁へと提出いたします。お客様ご自身に窓口まで出向いていただく必要はありません。
書類の修正や追加書類の提出が必要となった場合や、行政庁から問合せがあった場合でもこちらで対応いたします。

7

許可取得、報酬お支払い
申請書類の提出から約2カ月で審査が完了し、許可を取得することができます。
許可を無事取得できましたら許可証とご請求書をお送りいたしますので、報酬をお支払いいただきます。

8

アフターフォローも充実
許可取得後のアフターフォローも万全です。産業廃棄物収集運搬業者としての義務・遵守事項に関するアドバイスや、多様な業種の紹介による事業運営の総合的なサポートなど、追加料金なしでお手伝いさせていただきます。

④報酬額について

産業廃棄物収集運搬業許可申請に関する報酬額は以下の報酬表のとおりです。
この料金で、次のサービス内容を含んでおります。

(1)アドバイス:許可取得のために必要な事項などについてアドバイスさせていただきます。
(2)書類作成・取得:必要書類の作成、証明書類の取得もお任せください。
(3)申請代行:書類作成だけでなく、行政庁への申請、提出も当事務所が代行いたします。
(4)行政対応代行:行政庁への問合せや、行政庁からの質問、修正依頼等にも対応いたします。
(5)アフターフォロー:更新許可時期の通知や、法改正等の情報提供をさせていただきます。
(6)書式プレゼント:許可後に必要となる契約書などの書式をご提供いたします。
(7)遵守事項等の説明:許可後の義務・遵守事項について対面にて説明させていただきます。
(8)多様な業種の紹介:多様な業種を紹介し、事業運営をサポートさせていたただきます。

業務内容 報酬(税別) 申請手数料など
産業廃棄物収集運搬業:新規許可
(積替え・保管なし)
100,000円 81,000円
産業廃棄物収集運搬業:新規許可
(積替え・保管なし)
※複数都道府県・政令市への申請の場合
75,000円
(申請先一か所につき)
81,000円
(申請先一か所につき)
産業廃棄物収集運搬業:新規許可
(積替え・保管あり)
要相談 81,000円
産業廃棄物中間処理業:新規許可 要相談 100,000円
産業廃棄物最終処分業:新規許可 要相談 100,000円
産業廃棄物収集運搬業:変更許可
(積替え・保管なし)
50,000円 71,000円
(特別管理)72,000円
産業廃棄物収集運搬業:変更許可
(積替え・保管なし)
※複数都道府県・政令市への申請の場合
35,000円
(申請先一か所につき)
71,000円
(特別管理)72,000円
(申請先一か所につき)
産業廃棄物収集運搬業:更新許可
(積替え・保管なし)
50,000円 73,000円
(特別管理)74,000円
産業廃棄物収集運搬業:変更許可
(積替え・保管なし)
※複数都道府県・政令市への申請の場合
35,000円
(申請先一か所につき)
73,000円
(特別管理)74,000円
(申請先一か所につき)
顧問契約 月額 50,000円
研修・講演 5,000円/30分

産業廃棄物収集運搬業新規許可申請(積替え・保管なし)の実際に必要な費用は以下のとおりです。 (税込、講習会受講料除く)


<1都道府県・政令市のみへの申請の場合>
報酬108,000円+申請手数料81,000円=189,000円

<複数都道府県・政令市への申請の場合>
(報酬81,000円+申請手数料81,000円)×(申請数)=162,000円×(申請数)


※記載のない業務についてはお問合せください。
※報酬額には講習会の受講料は含まれておりませんので、未受講の場合は別途受講料が必要となります。(収集運搬:新規許可の場合は30,400円)。
※個別の案件により報酬額は変動する場合がございます。
※申請手数料や遠方への出張が必要となった場合の交通費など、業務のために必要となった費用につきましてはお客様にご負担いただきます。

林 大輔
お電話、メールなどによるお問合せの段階では相談料などの費用は一切発生いたしませんので、まずはお気軽にご相談ください。
→よくあるご質問についてはこちらもご覧ください。

林大輔行政書士事務所のホームページをご覧いただきましてありがとうございます。

産業廃棄物収集運搬業許可申請や、その後のサポートは当事務所が最も力を入れて取り組んでいる業務の一つです。
「持続可能な社会に貢献する」という理念のもと、許可申請だけに留まらず、お客様が事業者から愛され信頼される産業廃棄物収集運搬業者へと成長できるようサポートさせていただくことが当事務所の使命であると考えております。

当事務所に、この社会に必要不可欠な「静脈産業」である産業廃棄物収集運搬業者の皆様のお手伝いをさせていただけましたら幸いでございます。まずはお気軽にお問合せください。

当事務所では、以下の方法によるお問合せに対応しております。
お好きな方法で、まずはお気軽にお問合せください。

電話:078-959-0496 / 受付時間:平日9:00-17:00

Skype ID: dhayashi-capls / 受付時間:24時間いつでも

Chatwork ID: daisukeh-gyosei / 受付時間:24時間いつでも

LINE@ ID: @sby1925m / 受付時間:24時間いつでも

下記のオンラインフォームからも、お問い合わせいただけます。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

お問合せ内容・ご相談内容など