契約書作成・相談

林 大輔
このページでは、契約書作成業務ビジネス法務に関する相談業務について説明しております。

当事務所では、許認可申請の代行だけではなく、契約書の作成などの書類作成業務や、行政手続きビジネス法務に関する相談業務も取り扱っております。

(1)契約書作成業務について

契約」とは、契約書を作成して、印鑑を押さなければ効力が発生しないと思っておられる方も多いのではないでしょうか。実はそうではなく、契約の当事者の意思が合致すれば契約は成立し、効力が発生します(ただし、法律上、書面による契約でないといけない場合もあります)。
つまり、契約書を作成することは、契約が成立する要件ではなく、必ずしも契約書を作成する必要はありません。例えば、コンビニやスーパーで食料品を購入するときにも売買契約が成立していますが、いちいち契約書を作るということはあまりないと思われます。

それでも、特にビジネスの現場においては、重要な契約においては契約書を作成する場合がほとんどです。何故ならば、契約書を作らずに口約束だけしかしていない場合は、万が一あとで契約内容について揉めた場合に、互いの主張を証明できず、言った言わないの争いになってしまうおそれがあるからです。このような事態にならないようにするために、契約書を作成し、合意した内容を明確にしておくことが必要となります。

つまり、せっかく契約書を作るのであれば、後々揉めないような、また、万が一揉め事になってしまった場合でも円満に解決することができるような内容の契約書を作っておかなければ意味がないと言えます。
多様な契約内容に対応した契約書の雛形がネット上でも無料あるいは安価に入手することができる時代になっていますが、このような雛形をそのまま使っているだけでは、揉め事を防ぐという契約書作成の意義を達成できない場合があります。

揉め事を防ぐことができる、有効性の高い契約書を作るためには、その都度、その業界の通例や民法などの法令と照らし合わせて、状況に応じた契約書を作成していくことが重要となります。
当事務所では、このような、有効性の高い契約書を作成するお手伝いを承っております。まずはお気軽にご相談ください。

※既に揉め事が発生している、もしくは発生する可能性が高い場合など、紛争性がある案件については取り扱うことができません。そのような場合は、弁護士をご紹介させていただきます。

(2)相談業務

・事業を始めたいがどのような手続きが必要なのかわからない
・許認可を取りたいが、要件を満たしているか確認してほしい
・何とか自力で許認可を取ったが、行政指導や命令を受けて困っている
このような、行政手続き、許認可申請に関してわからないこと、困っていることがあればお気軽にご相談ください。行政手続きの専門家として問題解決のお手伝いをさせていただきます。必要であれば、他士業などの専門家をご紹介させていただくことも可能です。

また、
・契約書の書き方を教えてほしい
・企業秘密(ノウハウ)の保護の仕方がわからない
・広告を出しているが、誇大表示であると指摘を受けた
など、ビジネス法務に関するご相談や講演も承っております。特に、企業秘密(ノウハウ)の保護や、知的資産の活用に関する分野を得意としております。

(3)報酬について

業務内容 報酬(税別)
契約書作成 10,000円~(事案により異なります)
相談(※1) 1時間につき5,000円
講演 1時間につき10,000円

※1 相談料は初回無料となっております。2回目以降のご相談につきましては、許認可申請業務や書類作成業務を受任させていただいた場合、頂戴した相談料は受任した業務の報酬に充当させていただきます。
→許認可申請業務や書類作成業務を受任させていただいた場合、相談料はかかりません。

当事務所では、以下の方法によるお問合せに対応しております。
お好きな方法で、まずはお気軽にお問合せください。

電話:078-959-0496 / 受付時間:平日9:00-17:00

Skype ID: dhayashi-capls / 受付時間:24時間いつでも

Chatwork ID: daisukeh-gyosei / 受付時間:24時間いつでも

LINE@ ID: @sby1925m / 受付時間:24時間いつでも

下記のオンラインフォームからも、お問い合わせいただけます。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

お問合せ内容・ご相談内容など