– エコアクション21について –
2.エコアクション21とは

林 大輔
このページでは、エコアクション21概要や特徴メリットについて説明しております。
林大輔行政書士事務所にご依頼いただくメリットや報酬はこちらのページをご覧ください。

①エコアクション21とは

近年、二酸化炭素などの温室効果ガスの増加による地球温暖化や、資源の枯渇、廃棄物の増加などの問題が深刻化しつつあることを受けて、環境保護に対する意識が高まってきています。
環境保護は、国や地方公共団体による施策にだけ頼っていても実現することができず、一人ひとりの消費者や、事業者など、全ての人、組織が主体的、積極的に取り組んでいかなければならない問題です。特に、社会経済活動において主要な働きを担う存在である事業者は、規模や業種を問わず、積極的な取り組み(環境活動)を行っていくことが求められています。

このような、事業者(企業、個人事業主など)が環境活動に取り組んでいくための指針となる規格として、国家規格であるISO14001が有名ですが、ISO14001は事業規模の大きな事業者を主な対象とした規格であり、中小企業や個人事業主などの中小事業者にとっては取り組みにくい内容になっています。
そこで、中小事業者を含めた幅広い事業者に対して、自主的に取り組みやすい環境活動のプログラムとして策定されたのが「エコアクション21」です。

エコアクション21は、事業者による環境活動の方向性を示しているだけでなく、認証・登録制度が定められており、ガイドラインに適合していると認められた事業者はエコアクション21の認証・登録を受けることができます。これにより、環境に配慮した事業運営を行っている事業者であることを内外にアピールするためのツールとしても活用することができます。

②エコアクション21の特徴

(1)中小事業者でも取り組みやすい環境経営システムであること
エコアクション21では、中小事業者でも取り組みやすい環境経営の仕組み(環境経営システム、もしくは環境マネジメントシステム)が定められています。そのため、エコアクション21に取り組み、環境経営システムを実践することによって、
・特定の人に頼らない全員参加の取り組みの促進
・目標の明確化
・目標を達成できなかった場合の原因の明確化
・継続的な改善
など、事業者が抱える問題を改善し、効率的な事業運営ができるようになります。

(2)具体的な環境への取り組みが求められていること
エコアクション21では、必ず把握すべき環境負担として
・二酸化炭素排出量
・廃棄物排出量
・総排水量
・化学物質使用量(化学物質を使用する業種の場合)
を挙げており、これらの環境負担を軽減するために取り組むべきことも明確にされています。

(3)環境コミュニケーション
エコアクション21では、環境への取り組みの結果を「環境活動レポート」としてまとめ、公表します。事業者が内外へ環境活動の取り組み状況などを発信する環境コミュニケーションは、自らの環境への取り組みを推進することや、社会からの信頼を得るために重要な役割を持っています。

③エコアクション21のメリット

エコアクション21の最大の目的は、環境活動への取り組みの推進であり、エコアクション21に取り組むことにより環境に配慮した事業運営が行えるようになりますが、エコアクション21に取り組むメリットはそれだけではなく、以下のようなメリットもあります。

(1)経営面での効果
エコアクション21はマネジメントシステムの一種であり、エコアクション21に取り組むことにより、事業運営を改善し、より効率的に事業運営できるようになります。
・作業を効率化することにより短い時間で作業を終えることができるようになり、残業時間を削減できる。
・省資源化のためにエラーの少ない作業工程を構築することにより、不良品を減らして材料費を削減できる。
・二酸化炭素排出量削減のために節電に努めることにより、電気料金を削減できる。
・廃棄物排出量を抑えるために分別・再利用に努めることにより、廃棄物処理費用を削減できる。
など、様々な経営面での効果も期待できます。

(2)社会的な信用・取引先からの評価の向上
社会の環境問題に対する関心が高まっていることをうけて、環境活動への取り組みは事業者を評価する指標の一つとなってきています。エコアクション21の認証・登録の取得や、環境コミュニケーションにより、取引先や消費者からの信頼性、評価の向上につなげることができます。

(3)各種の優遇制度
エコアクション21の認証・登録を取得することにより、以下のような各種の優遇制度を受けることができる場合があります。
・金融機関による低利融資制度
・建設業の入札参加資格における加点
・廃棄物処理業者の優良事業者認定の要件の一つ

エコアクション21Menu

当事務所では、以下の方法によるお問合せに対応しております。
お好きな方法で、まずはお気軽にお問合せください。

電話:078-959-0496 / 受付時間:平日9:00-17:00

Skype ID: dhayashi-capls / 受付時間:24時間いつでも

Chatwork ID: daisukeh-gyosei / 受付時間:24時間いつでも

LINE@ ID: @sby1925m / 受付時間:24時間いつでも

下記のオンラインフォームからも、お問い合わせいただけます。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

お問合せ内容・ご相談内容など