処分業者の探し方(産業廃棄物収集運搬業許可申請)

sanpai

本稿では、産業廃棄物収集運搬業許可を取得しようとしている事業者様を対象として、産業廃棄物処分業者(中間処理、最終処分)の探し方について説明いたします。

本来、産業廃棄物処分業者を検索、選定して処分委託契約を締結するのは排出事業者が行うべきことではありますが、都道府県によっては収集運搬業許可申請の際に搬入先の処分業者の具体名や所在地、処分業許可証のコピーが必要となる場合があります(近畿地方では平成28年9月現在、京都府、奈良県、和歌山県で処分業者の許可証のコピーが必要)。
また、建設業の下請業者として、元請業者を排出者とする産業廃棄物を収集運搬する場合などは、排出事業者から処分業者を探すように指示されることもあるかもしれません。

ここでは、このような場合に産業廃棄物収集運搬業許可を取得しようとしている事業者様がどうやって処分業者を見つければいいかを解説させていただきます。
なお、あくまでも収集運搬業許可を取得する場合を想定しておりますので、排出事業者が処分業者を探す場合とは注意すべき事項などが一部異なることにご注意ください。

質問者
事業計画書に記載する処分業者はどうやって探せばいいですか?
回答者
産業廃棄物処分業者を探したい場合は、環境省の「産業廃棄物処理業者情報検索システム」や産廃情報ネットの「さんぱいくん(産業廃棄物処理業者検索)」を利用して検索することができます。
産業廃棄物処理業者情報検索システム」は全ての産業廃棄物処分業者が検索の対象となり、「さんぱいくん(産業廃棄物処理業者検索)」は優良認定を受けた処分業者や、自ら情報を登録している情報公開に積極的に取り組んでいる処分業者が検索の対象となります。そのため、優良な処分業者を見つけるためには、まずは「さんぱいくん(産業廃棄物処理業者検索)」を用いて検索することをおすすめします。
質問者
具体的には、どうやって検索すればいいですか?
回答者
さんぱいくん(産業廃棄物処理業者検索)」を用いる場合、まずは以下のページから「産業廃棄物処理業者を探す」の「地域・許可情報から」をクリックしてください。

さんぱいくん①

回答者
そうすると、下のページが表示されますので、「廃棄物の種類」、「許可自治体」を選択し、「業の区分」は「産業廃棄物処分業」(特別管理産業廃棄物収集運搬業の場合は「特別管理産業廃棄物処分業」にチェックを入れて検索します。
必要であれば、優良認定業者や電子マニフェストに対応している処分業者に限定して検索することもできます。

さんぱいくん②

回答者
試しに、兵庫県内で解体工事から発生した産業廃棄物を受け入れることができる処分業者を検索してみた結果は以下のようになります。

さんぱいくん③

回答者
名前のところにリンクが貼られていますのでクリックすると、より詳細な情報を確認することができます。
注意が必要なのが、一見必要な品目を全て満たしているように見えても、実際には品目内でも扱えるものが限定されている場合もあります。その場合は、許可証に「品目名(ただし、○○に限る)」というように但し書きが記載されていますので、必ず許可証の写しまで確認するようにしてください。「業許可証の写し」の欄から許可証の写しをダウンロードできるようになっています。

さんぱいくん④

質問者
処分業者が見つかった後はどうしたらいいですか?
回答者
一度、その処分業者に連絡して、事業範囲に間違いや変更が無いか、本当に目的とする産業廃棄物を受け入れてもらえるかを確認し、必要であれば処分業許可証の写しを提供してもらってください。

 

ご自分で処分業者の検索が困難な場合は、当事務所で代わりに検索し、候補となる処分業者を提示させていただくことも可能です。
(ただし、処分業者としても収集運搬業者が自ら連絡してくることを求めていることが多く、行政書士が代理で連絡しても許可証の写しを提供してもらえないことが多いため、処分業者への連絡はご自分で行っていただきます。)

その他にも、当事務所にご依頼いただくことにより、時間を節約できることなど多数のメリットがございます。煩雑な産業廃棄物収集運搬業許可申請は是非当事務所にお任せください。

<当事務所にご依頼いただくメリット>
(1)面倒な作業はお任せいただき、時間、手間を節約できます。
(2)正確な知識に基づいて業務を行いますので、後々困ることがありません。
(3)多様な業種を紹介し、事業運営を総合的にサポートさせていただきます。
(4)許可取得後のアフターフォローやサポートもさせていただきます。
(5)いつでもお気軽にお問合せ・ご相談いただけます。

→当事務所にご依頼いただくメリットや業務の流れ、報酬はこちらのページをご覧ください。