納税証明書(その1)(産業廃棄物収集運搬業許可申請)

sanpai

産業廃棄物収集運搬業許可申請の必要書類の一つに「納税証明書(その1)という書類があります。
名前のとおり、納税していることを証明するための書類なのですが、日常生活において必要になる機会が少なく、どこで、どうやって取得すればいいのかわからない事業者様も多いのではないでしょうか。
そこで、本稿では、「納税証明書(その1)」の取得方法や注意点について説明させていただきます。

なお、ここでは、申告所得税の納税証明書(個人)と法人税の納税証明書(法人)を一括して説明いたします。

質問者
「納税証明書(その1)」とはどのような書類ですか?
回答者
「納税証明書(その1)」とは、申告所得税(個人)及び法人税(法人)について、納税すべき税額、納付した税額及び未納税額等を証明する書類です。
納税証明書には(その1)、(その2)、(その3)、(その3の2)、(その3の3)、(その4)の6種類があり、それぞれ証明する内容が異なりますが、産業廃棄物収集運搬業許可申請に必要なのは(その1)ですので、間違えないように注意してください。
質問者
「納税証明書(その1)」はどこで取得できますか?
回答者
現在の住所、所在地(納税地)を管轄する税務署で取得することができます。納税した当時ではなく、現在の管轄税務署であることに注意してください。管轄の税務署については、国税庁のHPから調べることができます。
なお、直接管轄の税務署に出向かなくても、郵送により取り寄せることが可能です。
質問者
取得する際には何が必要ですか?
回答者
証明を受ける本人が取得する場合は、交付申請書、本人確認書類(個人の場合は事業主本人、法人の場合は代表者本人のもの)、マイナンバーカード又は通知カード(法人の場合は不要)、手数料(税目×年度×枚数×400円)が必要です。
委任状が有れば代理人が取得することもでき、交付申請書、代理人の本人確認書類、証明を受ける方のマイナンバーカード又は通知カードの写し、手数料(税目×年度×枚数×400円)が必要となります。
手数料については、産業廃棄物収集運搬業許可申請には原則として直近3事業年度分の「納税証明書(その1)」が必要ですので、通常1,200円必要になります。
質問者
「納税証明書(その1)を取得する場合の注意点はありますか?
回答者
最も注意しなければならないのは、似たような書類が多く、紛らわしいことです。
前述した(その1)~(その4)だけでなく、県税や市税の納税証明書、事業税の納税証明書などの「納税証明書」という名前の書類がありますので、それらの書類と間違えないように注意してください。
産業廃棄物収集運搬業許可申請に必要なのは、国税である申告所得税あるいは法人税の納税証明書(その1)です。

 

「納税証明書(その1)」は、ご自分で取得していただかなくても、委任状とマイナンバー(通知)カードのコピーさえあれば代理人が取得することができます。
当事務所では、産業廃棄物収集運搬業許可申請の際は「納税証明書(その1)」についても代理で取得させていただくことも可能ですので、お客様ご自身は窓口まで出向く必要はありません。

その他にも、当事務所にご依頼いただくことにより、時間を節約できることなど多数のメリットがございます。煩雑な産業廃棄物収集運搬業許可申請は是非当事務所にお任せください。

<当事務所にご依頼いただくメリット>
(1)面倒な作業はお任せいただき、時間、手間を節約できます。
(2)正確な知識に基づいて業務を行いますので、後々困ることがありません。
(3)多様な業種を紹介し、事業運営を総合的にサポートさせていただきます。
(4)許可取得後のアフターフォローやサポートもさせていただきます。
(5)いつでもお気軽にお問合せ・ご相談いただけます。

→当事務所にご依頼いただくメリットや業務の流れ、報酬はこちらのページをご覧ください。